当施設のご案内

ケンゆのかわは、北海道内において入所定員150名の介護老人保健施設として初めて開設許可を受けました。介護保険制度施行後、より地域に根ざした施設を目指すべく、要介護者を抱える介護者の負担軽減・簡易的な健康法を紹介するなど、地域住民への広報誌「ケンゆのかわだより」の配布や施設フロアの開放を積極的に行っております。
また、6種のトレーニングマシンを使用したリハビリテーションにより、日常生活に必要とされる筋力向上に力を入れております。さらに、栄養ケアマネジメントにおいては、利用者様の摂食状況を的確に把握し、適切な栄養補給を行えるよう努めております。
すべての利用者様に「笑顔で安全に適切なサービス」を提供できる施設を作るために、皆様方のご支援・ご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

施設長 老松 寛

サービスと特徴

ゆったりとした環境に恵まれる「ケンゆのかわ」は
入所の他に通所リハビリテーション、訪問看護などを併せ持つ
総合的な在宅支援施設です。

ケンゆのかわは、ご利用者の生活能力の維持と回復をご家族と共に支援し、全職員協力のもと、温もりの伝わるケアを提供いたします。

ケンゆのかわのサービス・併設事業

家庭復帰を目的に、看護・介護・リハビリテーションなどのお手伝いをいたします。

ご家庭の都合などで介護が出来ないとき短期間ご家族に変わってお世話いたします

日中・ご家庭から通いながら健康の維持増進とふれあいを図り、楽しい一日を過ごします。

訪問看護師によるリハビリテーションが受けられます

介護老人保健施設

家庭復帰を目標に個人の症状や障害の程度に応じて、看護・介護・リハビリテーションなど医学的な管理のもと、 明るく楽しい日常生活を送れるよう「尊重・温もり・信頼」を基本にリハビリ主体のサービスを提供する入所型施設です。

リハビリルーム
リハビリルーム

ご利用いただける方

  • 要介護度1~5に該当される方(※要介護保護費保険証)
  • 65歳以上で病気や障害のための介護が必要な方
  • 40歳以上65歳未満で初老期認知症、脳血管障害など、老化を伴う病気に寄って介護が必要な方

一日の流れ

6:00 起床
7:30 朝食
9:00 リハビリテーション・レクリエーション
12:00 昼食
13:00 リハビリテーション・趣味活動・入浴~
15:00 おやつ
18:00 夕食
21:00 就寝

フロア

2・3・4階の各療養棟あわせて150名が定員です。

  • 2階療養棟は「認知症専門棟」として、重度の認知機能低下がみられる利用者様のケアに当たっております。
  • 3・4階ではリハビリ職員を重点的に配置し、在宅復帰支援を強化できる体勢づくりが進んでいます。

各療養棟とも短期入所の受け入れも行っており、在宅生活支援の一助となるよう業務に取り組んでおります。

利用料金

ご利用料金は入所される方により異なります。

詳しくは料金表をごらんください。

利用申し込み・ご見学

ご契約のケアマネージャーまたは支援相談員までご連絡ください。

施設見学やその他のお問い合わせもお気軽にどうぞ。

施設概要

開設年月日 平成6年8月1日
利用定員

入所:

150名(含短期入所)

内訳:

一般療養棟 150床(4床室:20室, 1床室:20室)

認知症専門棟 50床(4床室:11室, 1床室:6室)

通所:

53名(1日につき)

併設事業職員数
  • ●短期入所療養介護事業(ショートステイ)※予防含
  • ・介護老人保健施設職員数と同様
  • ●通所リハビリテーション事業(デイケア)※予防含
  • ・看護職員 / 介護職員
  • ・医師 / 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
  • ●訪問看護事業(訪問看護ステーション)※予防含
  • ・介護職員
協力医療機関

社会福祉法人 函館厚生院 函館五稜郭病院

社会福祉法人 函館厚生院 函館中央病院

職員構成
  • 介護老人保健施設
  • ●短期入所療養介護事業(ショートステイ)※予防含
  • ・医師・看護職員・介護職員・理学療法士。作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・支援相談員・事務員・介護支援専門員
  • ●通所リハビリテーション事業(デイケア)※予防含
  • ・看護職員・介護職員・医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
  • ●訪問看護事業(訪問看護ステーション)※予防含
  • ・介護職員